演習と先取りどっち?|問題集の進め方に悩んでいます。

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

学心のお知らせ|管理人が直接指導

小さな教室を作りました。

「点数」にできない力を、
子どもたちはたくさん持っています。

代表が全科目を指導。
一人ひとりの特性に合わせて「自立(自律)して学ぶ子ども」を育成します。

子どもたちが「学心」で学んで、
教室を出るときには、新しい世界が目の前に広がっているような、
そんな体験をして欲しいのです。

私と一緒に学びたい子どもたち、大募集です!

教室の風景

小学生〜高校生が同じ空間で、自分の夢に向かって励んでいます。
地元の子どもたちから、灘中・灘高・オリンピック志望者まで在籍。
知的な興奮と歓びが漂う、集中して学べる環境です。

メインサイトにコメントいただきました。

こちらにもご紹介します。

目次

問題集の進め方に悩んでいます。

いただいたお便り。

先日はお返事ありがとうございました!

通信教育は今のところ習慣になっており、楽しく出来ているようなので続けてみたいと思います。

はなまるリトル、早速購入をしようと思いますが、これだけで学習は足りますか?
有名どころだと、他にもハイレベ、最レベ、トップクラスやスーパーエリートの問題集などもありますが、はなまるリトルが解き直しまで終わったらやった方がいいですか?

それともはなまるリトルの2年生に進んだ方がいいんでしょうか?
問題集の進め方に悩んでいます。

思考力系のものも好きな娘なので、ガクさんのおっしゃっていたきらめき算数脳を併用しようと考えていますが、賢くなるパズル、百マス計算や算数ラボなども書店で見て娘が気になったようです。

本人のやる気があるみたいなので、負担にならない程度に取り入れてみようと考えていますが、漢字や読解力なども並行してやった方がいいんでしょうか?

その場合のおすすめ問題集などはありますか?

ハイレベの漢字はやっているのですが、合格点も越して結構解けております。
ただ、ガクさんの言う通りハイレベは解説がほとんどないのでそこはどうかな…と思っているところでした。

お手すきの時にご教示頂けると幸いです。

お子様主導で取り組んでください

私からの回答。

大変お出来になるお子様だと拝察しました。今後が楽しみです。私の学習方法を少しご紹介します。

教材の進め方には2通りあります。

1. 同内容の演習量を増やす
2. 先取り学習を進める

内容の理解が曖昧な場合は1を、十分に理解できているのであれば2を中心にすると良いと思っています。私の場合は大方理解できていたため、どんどん先取り学習を進めていきました。小2で学習を開始して以降、半年かけて標準的な内容1年分を習得するペースで進めました。小4に上がった時点で小学全範囲を完了したため、中学受験教材へ移行しました。

ここで重要なことは、「いかにモチベーションを保つか」ということです。私は全て自分が主導で学習してきたため大丈夫ですが、親が主導権を握ってしまうと途中で続かなくなるケースが多いです(首都圏大手塾の講師をしていてこうした例を多く見てきました)。地頭や素質うんぬんよりも「学習意欲があるかどうか」。これが決め手になります。

(もうすでに実践されていることとは思いますが)ぜひお子様の意思を尊重して学習を進めてください。不安なら演習量を増やす。理解できていれば先取り学習です。教材もいくつか買ってみて最終的にはお子様に選んでもらう形で進めていくと良いかと思います。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

関連記事

次の記事にお便りいただきました。

独学で灘、東大へ
【おすすめ教材】小学1年生から自宅で始める中学受験|自学自習用教材・問題集【独学で灘・東大合格者が厳... こんにちは、ガクです。 以前に、自宅学習に対応した中学受験用教材を紹介しました。 https://nadatodai.com/chuju-books/ これ、とても人気がありました。 今回は、小学1...
他の方のブログ

他の方のブログは以下からご覧いただけます。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

学心のお知らせ|管理人が直接指導

小さな教室を作りました。

「点数」にできない力を、
子どもたちはたくさん持っています。

代表が全科目を指導。
一人ひとりの特性に合わせて「自立(自律)して学ぶ子ども」を育成します。

子どもたちが「学心」で学んで、
教室を出るときには、新しい世界が目の前に広がっているような、
そんな体験をして欲しいのです。

私と一緒に学びたい子どもたち、大募集です!

教室の風景

小学生〜高校生が同じ空間で、自分の夢に向かって励んでいます。
地元の子どもたちから、灘中・灘高・オリンピック志望者まで在籍。
知的な興奮と歓びが漂う、集中して学べる環境です。

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる