【きのくに子どもの村学園】「夢見る小学校」という映画に感銘を受けました

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

管理人からのお知らせ

起業しました。

大阪府南部の小さな学習塾。

学心(がくしん)と名付けました。

教育理念は「学ぶ心を育てる」こと。

受験や競争だけでなく、学ぶこと自体を楽しむ。そんな世の中になればいいなと常々思っていました。

私と一緒に学びたい子どもたち大募集です!

目次

【きのくに子どもの村学園】「夢見る小学校」という映画に感銘を受けました

ガクさん お忙しい中、丁寧なご返答をありがとうございます!

ブログを読ませていただきました。

ガクさんのご経験とそこを通して感じられたことがとてもわかりやすく、参考になりました。

きのくには、「夢見る小学校」という映画を観て感銘を受け関心を持ったのですが、ブログを読みながら、映画を観ている時の感動が蘇ってきたのと、私もひとり娘を持つ母としてご両親のお気持ちが身に沁みて感じられ、読ませていただきながら改めて胸にせまるものがありました。

映画の中では卒業生の学力的なことには何ら問題がないような表現になっていたと思うのですが、 近年の園における学習法が変化したのか、または一般教養的な学習については皆さんご自身の後からの努力があってのことなのかもしれませんね。そこに当人の悔しさや摩擦が生じるのだとしたらそこは考えなければいけないところではありますね。

実際はどのようになっているのか気になっていたので、しばらく前のお話とはいえ、参考になりました。

きのくには何より私自身が入ってもう一度学校生活をやり直したいというのが正直なきもちですが笑、まずはご紹介されていた堀さんのご著者を読んでそのエッセンスを吸収したいと思います。

ほんとうに、こどもたちが皆それぞれの持ち味やすばらしさを伸び伸びとよろこびながら育んでいけたらと真に思います。

素晴らしいレポートをありがとうございました😊💐✨!

きのくには簡単に測れない学力を育てようとしているのだと思います。

ご返信ありがとうございます。

私の父も教育者だったこともあり、堀先生の理念に深く共感していました。

私は最後まで課程を修了した卒業生ではありませんので下手なことは言えませんが、きのくには簡単に測れない学力を育てようとしているのだと思います。

たとえば、在籍当時はドリル系の教材はほとんど解いた記憶がありません。実習で知らない事項が出てきたらその都度学ぶ方式でした。私はファームというプロジェクトに参加していましたが、農場での野菜観察で果実の個数や葉の長さなど成長記録をつけ、その際にmmやcmといった単位の概念を学習した記憶があります。基礎学力修得には、ドリル系教材が有効な場面もあると思いますので、一筋縄ではいかない難しさがあると思います。私の場合、特に漢字や語彙力はなかなか身につきませんでした(生まれつきの性質も大いに関係すると思います)。きのくに在籍時の学習資料プロジェクト成果、通知表はすべて実家に置いていますので、また見てみようかと思います。

ご家庭できのくにのような学園生活を再現するのもいいと思います。両親は私がきのくにを辞めたあと、親子で日曜大工に励んだり、郷土資料館を訪ねて体験したり、キャンプしながら自然観察を行ったり…と、きのくにに負けないくらい充実した環境を作ってくれました。いまでも感謝しています。

ブログ読者様から「一部校舎では順番待ちが長い」と情報提供がありましたが、見学や体験学習にも行かれると良いかと思います。

ぜひともご納得のいく選択をなさってください。

関連動画

以下の動画にコメントいただきました。


↓他の方のブログはこちら

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ



記事を投稿しませんか?

メインサイトは反響が大きく、毎日1,000人以上の方にご覧いただいております。

これまで自分の経験から得られたアドバイスを提供してきましたが、なにも管理人の私が一方的に私論を展開する場ではありません。

読者様も一緒にディスカッションする、体験談や知恵を共有する空間を作っていきたいのです。

そこで是非ともみなさまの文章をご投稿いただきたく、ご案内差し上げます。

投稿テーマについて

「これだけは伝えたい!」「自分の勉強経験をサイトに載せたい!」という方は大歓迎です。

・幼少期の教育方法
・子育てで奮闘した話
・塾選びのコツ・内部事情
・学生時代に用いた教材と勉強方法
・受験体験記(合格も不合格も)

将来の日本を支える世代のために是非ともご協力ください。

投稿方法について

以下のボタンより、詳細なご案内ページをご覧ください(メインサイトに移動します)。

 

 

最近読んで、面白かった本

もっと面白い本に出会ったら上書きしていきます。

父が読んでいた本とも被っているものが多いです。

内田樹

1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。

「やりたくないことはやらない」「無駄な決断はしない」「直感に従って生きればいいだけ」。武道家でもある著者が、これからの時代を生き切るための心構えを熱く語ります。

いじめが原因で小学校で登校拒否
受験勉強が嫌で日比谷高校中退
親の小言が聞きたくなくて家出
大検取って東大に入るも大学院3浪
8年間に32大学の教員試験に不合格
男として全否定された離婚
仕事より家事を優先して父子家庭12年

豪快すぎる半生から見えてくる、名言満載の内田樹流・痛快人生案内!

広中平祐

1931年、山口県生まれ。京都大学理学部卒業、ハーバード大学大学院数学科修了。コロンビア大学教授を経て1968年にハーバード大学教授。1967年に朝日賞受賞。1970年に日本学士院賞受賞、フィールズ賞受賞。1975年に文化勲章受章。京都大学名誉教授、ハーバード大学名誉教授。京都大学数理解析研究所元所長。山口大学元学長。

広中平祐氏の自伝的数学啓蒙書です。「学問とは何か」「学ぶとはどういうことか」「数学とは何か」など、数学や科学するときの最も大切な基本姿勢を教えてくれる1冊。広中平祐氏が特異点解消問題を解決して、1970年にフィールズ賞を受賞した経緯にも触れられていています。

↑これは全員に読んで欲しい本です。

矢作直樹

昭和56年金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。平成11年東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。平成13年東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一生。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

管理人からのお知らせ

起業しました。

大阪府南部の小さな学習塾。

学心(がくしん)と名付けました。

教育理念は「学ぶ心を育てる」こと。

受験や競争だけでなく、学ぶこと自体を楽しむ。そんな世の中になればいいなと常々思っていました。

私と一緒に学びたい子どもたち大募集です!

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる