「野に放て!」がとても印象的でした

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

管理人からのお知らせ

起業しました。

大阪府南部の小さな学習塾。

学心(がくしん)と名付けました。

教育理念は「学ぶ心を育てる」こと。

受験や競争だけでなく、学ぶこと自体を楽しむ。そんな世の中になればいいなと常々思っていました。

私と一緒に学びたい子どもたち大募集です!

【お知らせ】NHK番組のご案内|7/13スタート全12回

読者様からおすすめ番組のお知らせが届きました。ご関心のある方はご覧ください。

目次

「野に放て!」がとても印象的でした

私も毎日何か子供の為になること、プリントやアプリなどで賢くなるのではなく子供の本質に合わせた言葉がけや遊び方をされてる方の情報を探していました。

その中でガクさんの素敵な幼少期のお話を聞いて
まさに!これ!
と思いコメントさせて頂き、
またご丁寧な返信や動画をあげてくださったこと本当に感謝しております。

今回も早速お父様へ聞いてくださり有難うございます!

お父様の「野に放て!」がとても印象的で、
でも子供の特性をしっかり学ばれてるからこそのシンプルな名言だと感じました。

あれしなさいと言うのも普段言いそうになりますが、今後はさらにグッと抑えて、 本人の自主性を育てるような対応心がけたいと思います。

絵本に関しては毎日読み、当たり前のように日々の中で図書館に通い詰めたところ 本が好きになりました(^^) 以前ガクさんのおススメされてた本ももう一度借りて読んでみたいと思います。 もしまた追加でオススメの本などあればぜひ教えてください。

ガクさんの幼少期のお話で驚いたのが、毎週末山登りをされてたということでした。 そのお話を聞いてから、山登りは時々ですがなるべく自然の中で遊ぼうと 田舎の方へ週末よく行っています。 キャンプも始めたので、よくキャンプへ行っていますが、うまく子供を巻き込みながら学びへ変えられなかったので、焚き火は早速一緒にやってみたいと思います!

他にも詳しくお聞きしたいです。

お忙しいとは思いますが、またガクさんとお父様の動画拝見したいです(^^)!

その際はぜひコメント募集して頂けたら嬉しいです。

ちなみに今年の東大の学園祭に家族で参加したく、応募したのですがハズレてしまいました。

いつか直接ガクさんにお会いして、お礼を伝えてお話することが小さな夢です(^-^;

次回こそは学園祭に遊びに行けるよう再度応募してみたいと思います。

自然の中で育ちました

私の名前の第一候補として「岳(がく)」を薦めたように、父は自然の中で丈夫に育てたいとの意志があったのだと思います。

登山は幼い頃から大好きで、雨の日も風の日も雪の日も…。ひたすら山に登りました。夏になると、毎週キャンプに出かけました。

いまから振り返っても宝物のような毎日でした。幼い子供の感性でしか捉えられないことも多いと思います。

ご関心ありましたら、レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」をお読みください。最近、文庫版が出ましたが、単行本がおすすめです。

センス・オブ・ワンダー
https://amzn.to/3uIlqXt

関連記事

前回、いただいたお便りは以下の記事に掲載しています。

あわせて読みたい
【幼少期】夏休みの過ごし方を教えてください 【【幼少期】夏休みの過ごし方を教えてください】 (ご返信を追加のため、再掲します) 1000人おめでとうございます☺️💓動画配信始められた頃、何...

関連動画

以下の動画にお便りいただきました。


↓他の方のブログはこちら

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ



記事を投稿しませんか?

メインサイトは反響が大きく、毎日1,000人以上の方にご覧いただいております。

これまで自分の経験から得られたアドバイスを提供してきましたが、なにも管理人の私が一方的に私論を展開する場ではありません。

読者様も一緒にディスカッションする、体験談や知恵を共有する空間を作っていきたいのです。

そこで是非ともみなさまの文章をご投稿いただきたく、ご案内差し上げます。

投稿テーマについて

「これだけは伝えたい!」「自分の勉強経験をサイトに載せたい!」という方は大歓迎です。

・幼少期の教育方法
・子育てで奮闘した話
・塾選びのコツ・内部事情
・学生時代に用いた教材と勉強方法
・受験体験記(合格も不合格も)

将来の日本を支える世代のために是非ともご協力ください。

投稿方法について

以下のボタンより、詳細なご案内ページをご覧ください(メインサイトに移動します)。

 

 

最近読んで、面白かった本

もっと面白い本に出会ったら上書きしていきます。

父が読んでいた本とも被っているものが多いです。

内田樹

1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。

「やりたくないことはやらない」「無駄な決断はしない」「直感に従って生きればいいだけ」。武道家でもある著者が、これからの時代を生き切るための心構えを熱く語ります。

いじめが原因で小学校で登校拒否
受験勉強が嫌で日比谷高校中退
親の小言が聞きたくなくて家出
大検取って東大に入るも大学院3浪
8年間に32大学の教員試験に不合格
男として全否定された離婚
仕事より家事を優先して父子家庭12年

豪快すぎる半生から見えてくる、名言満載の内田樹流・痛快人生案内!

広中平祐

1931年、山口県生まれ。京都大学理学部卒業、ハーバード大学大学院数学科修了。コロンビア大学教授を経て1968年にハーバード大学教授。1967年に朝日賞受賞。1970年に日本学士院賞受賞、フィールズ賞受賞。1975年に文化勲章受章。京都大学名誉教授、ハーバード大学名誉教授。京都大学数理解析研究所元所長。山口大学元学長。

広中平祐氏の自伝的数学啓蒙書です。「学問とは何か」「学ぶとはどういうことか」「数学とは何か」など、数学や科学するときの最も大切な基本姿勢を教えてくれる1冊。広中平祐氏が特異点解消問題を解決して、1970年にフィールズ賞を受賞した経緯にも触れられていています。

↑これは全員に読んで欲しい本です。

矢作直樹

昭和56年金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。平成11年東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。平成13年東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一生。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

管理人からのお知らせ

起業しました。

大阪府南部の小さな学習塾。

学心(がくしん)と名付けました。

教育理念は「学ぶ心を育てる」こと。

受験や競争だけでなく、学ぶこと自体を楽しむ。そんな世の中になればいいなと常々思っていました。

私と一緒に学びたい子どもたち大募集です!

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる