間違い直しに時間がかかります…。

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

学心のお知らせ|管理人が直接指導

小さな教室を作りました。

「点数」にできない力を、
子どもたちはたくさん持っています。

代表が全科目を指導。
一人ひとりの特性に合わせて「自立(自律)して学ぶ子ども」を育成します。

子どもたちが「学心」で学んで、
教室を出るときには、新しい世界が目の前に広がっているような、
そんな体験をして欲しいのです。

私と一緒に学びたい子どもたち、大募集です!

教室の風景

小学生〜高校生が同じ空間で、自分の夢に向かって励んでいます。
地元の子どもたちから、灘中・灘高・オリンピック志望者まで在籍。
知的な興奮と歓びが漂う、集中して学べる環境です。

目次

間違い直しに時間がかかります…。

問題集や入試問題の間違い直しをするの際に、周辺の知識も拾おうと、あれもこれもとノートにまとめていると、とても時間がかかってしまい、問題数が減ってしまいます。これは効率が良いのか悪いのかも分かりません。何かアドバイスがあれば教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

何を目的とするのか

目的別に2つのパターンに分けると良いです。

▼パターンA
以下のような人は、問題数を減らさない方が良いでしょう。

  • 数学の解法を多く身につけたい
  • 習得した解法を応用して使いたい
  • いろんな出題パターンに触れたい
  • 英文の速読力を上げたい

▼パターンB
逆に、以下のような人は、一つの問題に対する間違い直しを(多少時間がかかってでも)徹底すべきです。

  • 理解不十分な解法をしっかり習得したい(数学・理科)
  • 国語の読解方法を修正したい
  • 英単語の類義語、英文法の周辺知識を増やしたい

私の場合、英語についてはAとBの両方のパターンで勉強していました。教材には、文法書で調べた補足事項をびっしり書き込んでいます。一方、数学については勘が鈍らない程度にささっと演習していました。間違い直しも解説を読んで数日後に解き直すだけです。

科目や分野によって使い分けてみてください。

関連動画

他の方のブログ

他の方のブログは以下からご覧いただけます。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

学心のお知らせ|管理人が直接指導

小さな教室を作りました。

「点数」にできない力を、
子どもたちはたくさん持っています。

代表が全科目を指導。
一人ひとりの特性に合わせて「自立(自律)して学ぶ子ども」を育成します。

子どもたちが「学心」で学んで、
教室を出るときには、新しい世界が目の前に広がっているような、
そんな体験をして欲しいのです。

私と一緒に学びたい子どもたち、大募集です!

教室の風景

小学生〜高校生が同じ空間で、自分の夢に向かって励んでいます。
地元の子どもたちから、灘中・灘高・オリンピック志望者まで在籍。
知的な興奮と歓びが漂う、集中して学べる環境です。

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる