帰京ルーティン

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

この日記は自分のメモでもありますから、少し書いておきましょう。

目次

交通手段は夜行バス

東京〜大阪間はいつも夜行バスを使っています。

これまで100回以上使いました(往路・復路を別カウントした場合)。

新幹線を利用したのはわずか2回。入試と物件選びのときだけでした。その他は高2で訪れたオープンキャンパスを含めて全て夜行バス利用です。

夜行バスの検索・予約はいつもバス比較ナビというサイトを使っています。他にもいくつか予約サイトがありますが、比較ナビがもっとも数多くの便、最安の便を網羅している印象です。

予約の際は何も考えずにさっさと取ってしまいます。東京〜大阪間を調べて最安の便を選ぶだけです。ほんとこれだけ。ちなみに料金は数時間おきにコロコロ変わることも多いため、少しでも安く確保したい人は何回かチェックしながら選ぶといいでしょう。

東京〜大阪間の料金は4列シートで2,000円台のことが多く、春休み・夏休みと重なると軒並み1,000円程度値上がりします。私は一度だけ1,500円で大阪へ行ったことがあります。東京の端から端へ移動するより安いです。

荷物は大型リュックに入れる

私はいつも大荷物です。帰省するときは軽いですが、帰京するときは満載です。

ザック(リュック)は88Lの登山用を使っており、そこに米を大量に詰め込みます。いつもだいたい20kg前後の米を入れます(これが下宿先での食糧)。他にもパソコンなど重いものを運ぶため、トータルの重量は35kg前後のことが多いです。割と重いです。いやかなり重い。一度ザックと膝の上に乗せてから腕を通さないと背負えません。私は普段から大荷物で登山をしていますから、こういうのには慣れています。冬山縦走のときは大抵35kgいきますからね。

足腰も鍛えられてgoodです。

余談
米をいちいち運んでいるのは、実家の米が一番美味しいからです。地元農家に勝るものなし。正直スーパーの米は食べられません。

お古のウェアやらなんやら

父のアウトドア用品をいくつかもらいます。

私と父は体格がほとんど同じで、趣味も同じです(登山・自転車)。ですから、アウトドア用品はお古をもらうことが多いです。これは素晴らしい案です。2人で使うため、実質半額で購入するのと同じです。そのため気兼ねなくしっかりした製品を買ってもらって、それを私も無料で頂戴しています。ウェアが多いですね。

母が作った大量の弁当とサンドイッチ

3日分程度の手作り弁当が用意されています。サンドイッチはいつも6つでロールパンにトンカツや野菜を挟んだもの。これらを大型ザックに詰め込んで荷造り完了です。

バス出発は大阪市

具体的な場所は書きませんが、よくバスが出入りしている乗り場から出発です。いつも遅い時間帯のバスを予約しています。23時以降とかですよね。夜行バスは睡眠中の移動が最大のメリットです。乗り込むとすぐに寝られるように夜遅くの便を選びます。

バス到着は東京駅鍛治橋

到着地は新宿・池袋もあり得ますが、私が利用するのはいつも東京駅鍛治橋駐車場です。この乗降場は東京駅の南側、有楽町駅の北側に位置しています。

朝食は日比谷公園で

バスを降りて10分ほど歩くと日比谷公園に着きます。皇居の南隣です。花がたくさん植えられており居心地がいいので、いつもここで朝食にします。

研究室へ直行

日比谷駅から東京メトロを乗り継いで東大前駅へ。本郷キャンパスにある研究室で作業を進めていきます。夜になったら再び重いザックを背負って帰宅です。


↓他の方のブログはこちら

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ



記事を投稿しませんか?

メインサイトは反響が大きく、毎日1,000人以上の方にご覧いただいております。

これまで自分の経験から得られたアドバイスを提供してきましたが、なにも管理人の私が一方的に私論を展開する場ではありません。

読者様も一緒にディスカッションする、体験談や知恵を共有する空間を作っていきたいのです。

そこで是非ともみなさまの文章をご投稿いただきたく、ご案内差し上げます。

投稿テーマについて

「これだけは伝えたい!」「自分の勉強経験をサイトに載せたい!」という方は大歓迎です。

・幼少期の教育方法
・子育てで奮闘した話
・塾選びのコツ・内部事情
・学生時代に用いた教材と勉強方法
・受験体験記(合格も不合格も)

将来の日本を支える世代のために是非ともご協力ください。

投稿方法について

以下のボタンより、詳細なご案内ページをご覧ください(メインサイトに移動します)。

 

 

最近読んで、面白かった本

もっと面白い本に出会ったら上書きしていきます。

父が読んでいた本とも被っているものが多いです。

内田樹

1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。

「やりたくないことはやらない」「無駄な決断はしない」「直感に従って生きればいいだけ」。武道家でもある著者が、これからの時代を生き切るための心構えを熱く語ります。

いじめが原因で小学校で登校拒否
受験勉強が嫌で日比谷高校中退
親の小言が聞きたくなくて家出
大検取って東大に入るも大学院3浪
8年間に32大学の教員試験に不合格
男として全否定された離婚
仕事より家事を優先して父子家庭12年

豪快すぎる半生から見えてくる、名言満載の内田樹流・痛快人生案内!

広中平祐

1931年、山口県生まれ。京都大学理学部卒業、ハーバード大学大学院数学科修了。コロンビア大学教授を経て1968年にハーバード大学教授。1967年に朝日賞受賞。1970年に日本学士院賞受賞、フィールズ賞受賞。1975年に文化勲章受章。京都大学名誉教授、ハーバード大学名誉教授。京都大学数理解析研究所元所長。山口大学元学長。

広中平祐氏の自伝的数学啓蒙書です。「学問とは何か」「学ぶとはどういうことか」「数学とは何か」など、数学や科学するときの最も大切な基本姿勢を教えてくれる1冊。広中平祐氏が特異点解消問題を解決して、1970年にフィールズ賞を受賞した経緯にも触れられていています。

↑これは全員に読んで欲しい本です。

矢作直樹

昭和56年金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。平成11年東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。平成13年東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一生。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる