将来の夢が目まぐるしく変わった話

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

今回の記事は少し役に立つことが書いてあるかもしれません。

目次

ファーブルになりたい

壁一面に広がる本棚に囲まれて育ちました。これらは父が毎日読んでいたものです。

文字があまり読めない私には図鑑をよく買ってくれました。プレゼントは嬉しいもので、「ぼくのもの」という特別な感情を抱いていました。そこで朝から晩までずっと図鑑を開いて過ごしていました。

自然好き、虫好きな私を見た父はファーブル昆虫記を誕生日プレゼントとして贈ってくれました。とびきり嬉しかったです。立派な化粧箱に入れられており、全部で8巻もありました。

もちろん毎日読みました。何度も。

500回は熟読したと思います。いや、もっとかな。そしてこう思うようになったのです。

「ぼくファーブルになりたい」

ファーブル昆虫記を読んだ私はすっかりファーブルに魅了され、いつしかファーブルのような昆虫学者になりたいと強く思うようになりました。

野遊びに外に出かけるとファーブルになった気分で虫を探し、家に持ち帰るとファーブルを真似して観察するのでした。

これが楽しかった。

また、勉強もたくさんしました。

ファーブルも大変な勉強家だったからです。知識が偏らないよう、虫だけでなく魚類や両生類から天体・宇宙まであらゆる図鑑を熟読しました。博物学者でもあったファーブルに少しでも近づきたい。情熱にあふれていました。

野生動物のカメラマンになりたい

家ではほとんどテレビを見ませんでしたが、いつも家族で楽しみにしていた番組があります。

それが、「ダーウィンが来た」。

いや違う。

「ダーウィンが来た!」

毎週日曜日19:30になると、愛用している「小学館の図鑑NEO」を小脇に抱えて1階の居間に行きます。家族全員で小さなコタツ机を囲んでテレビをつけます。

さすがNHK。映像が綺麗すぎです。しかも躍動感といったら…。思わず身体が前のめりになるのでした。これほども視聴者に感動と興奮を与えられる番組はあるでしょうか。

こうして「ぼく撮影スタッフになりたい」と言い出したそうです。

四谷大塚で働きたい

初めて出会ったのは小学4年生に上がった頃でした。

小6までの学習を一通り終えてしまい、次に何をしようかなと迷っていたところに、父が取り寄せてくれました。

予習シリーズという教材。

粋な名前ですね。予習っていうのはひと足先に学ぶってことだよね。ワクワクしませんか?

最初は国語・算数・理科の3教科から始めました。

特に理科が楽しかったです。カラー写真が惜しみなく使われており説明も丁寧。国語は解説がびっくりするほど詳しかったのを今でも覚えています。

いつの間にか虜になっていました。

テキスト案内のパンフレットが届くと、片っ端から赤鉛筆で丸をつけていき、ぜんぶ欲しい!なんて言ってました。翌週には大きなダンボール箱にたくさんの教材がぎゅうぎゅうに詰まって届きました。すっかり予習シリーズが気に入った私は朝から晩までずっと教材を解くこともありました。

目を輝かせて言ったようです。

「ぼく四谷大塚で働きたい」

〇〇になりたい

こうして私の興味関心の対象は絶えず移っていきました。あるときは灘校生になりたいと強く願いましたし、またあるときは詩人になりたい、児童文学作家になりたい…と文筆家を目指したときもありました。受験勉強のかたわら児童文学や詩を書きつけたこともありました(文章は下手ですけどね)。

高3になってから、急に大学受験を辞めて登山家になりたいと考えた時期もありました。いや違う冒険家だ、探検家だと迷った時期もありました。それでもやはり皆と違うことをする勇気が足りず、おとなしく大学受験をしたのでした。

大学入学後も山への情熱は消えず、4年間で600座以上の山を逍遥しました。冬山も駆け巡りました。冬が来て白く輝くアルプスを見ると血が騒いだのを覚えています。衝動を抑えきれず急に荷物をまとめて山に4〜5日ほどこもったときもあります。また3月の山スキーシーズンに入ると下宿に戻らず山を渡り歩いたこともありました。

2度目の人生があれば迷わず冒険家を選ぶかも。

私が伝えたいこと

この記事で私が伝えたいことは、単なる自分の過去ではありません。

夢を持てば底力を発揮できるということです。

そのまま夢になるくらい好きになろう、熱中しようということです。

単なる虫好きよりもファーブル昆虫記を愛読している虫好きの方が詳しいでしょう。研究者やカメラマンを志す人が見るダーウィンが来た!は誰よりも中身が濃いでしょう。四谷大塚で働きたいと思ってしまうほど夢中で教材に取り組むと内容の理解・吸収が早いでしょう。絶対に東大に入って〇〇先生の研究室で活躍したいと思っている人は、なんとなく就職に有利だからという理由で東大受験する人よりも確実に勉強に身が入るでしょう。

目標よりも夢を持つべきなのです。

目標は夢に付随するもの。目標だけでは弱いです。

…と四半世紀しか生きていない若者が偉そうに書いています。

今回もご参考になりましたら幸いです。


↓他の方のブログはこちら

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ



記事を投稿しませんか?

メインサイトは反響が大きく、毎日1,000人以上の方にご覧いただいております。

これまで自分の経験から得られたアドバイスを提供してきましたが、なにも管理人の私が一方的に私論を展開する場ではありません。

読者様も一緒にディスカッションする、体験談や知恵を共有する空間を作っていきたいのです。

そこで是非ともみなさまの文章をご投稿いただきたく、ご案内差し上げます。

投稿テーマについて

「これだけは伝えたい!」「自分の勉強経験をサイトに載せたい!」という方は大歓迎です。

・幼少期の教育方法
・子育てで奮闘した話
・塾選びのコツ・内部事情
・学生時代に用いた教材と勉強方法
・受験体験記(合格も不合格も)

将来の日本を支える世代のために是非ともご協力ください。

投稿方法について

以下のボタンより、詳細なご案内ページをご覧ください(メインサイトに移動します)。

 

 

最近読んで、面白かった本

もっと面白い本に出会ったら上書きしていきます。

父が読んでいた本とも被っているものが多いです。

内田樹

1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。

「やりたくないことはやらない」「無駄な決断はしない」「直感に従って生きればいいだけ」。武道家でもある著者が、これからの時代を生き切るための心構えを熱く語ります。

いじめが原因で小学校で登校拒否
受験勉強が嫌で日比谷高校中退
親の小言が聞きたくなくて家出
大検取って東大に入るも大学院3浪
8年間に32大学の教員試験に不合格
男として全否定された離婚
仕事より家事を優先して父子家庭12年

豪快すぎる半生から見えてくる、名言満載の内田樹流・痛快人生案内!

広中平祐

1931年、山口県生まれ。京都大学理学部卒業、ハーバード大学大学院数学科修了。コロンビア大学教授を経て1968年にハーバード大学教授。1967年に朝日賞受賞。1970年に日本学士院賞受賞、フィールズ賞受賞。1975年に文化勲章受章。京都大学名誉教授、ハーバード大学名誉教授。京都大学数理解析研究所元所長。山口大学元学長。

広中平祐氏の自伝的数学啓蒙書です。「学問とは何か」「学ぶとはどういうことか」「数学とは何か」など、数学や科学するときの最も大切な基本姿勢を教えてくれる1冊。広中平祐氏が特異点解消問題を解決して、1970年にフィールズ賞を受賞した経緯にも触れられていています。

↑これは全員に読んで欲しい本です。

矢作直樹

昭和56年金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。平成11年東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。平成13年東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一生。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる