【高校数学】青チャートの解答写しはどこまですればいい?

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

学心のお知らせ|管理人が直接指導

小さな教室を作りました。

「点数」にできない力を、
子どもたちはたくさん持っています。

代表が全科目を指導。
一人ひとりの特性に合わせて「自立(自律)して学ぶ子ども」を育成します。

子どもたちが「学心」で学んで、
教室を出るときには、新しい世界が目の前に広がっているような、
そんな体験をして欲しいのです。

私と一緒に学びたい子どもたち、大募集です!

教室の風景

小学生〜高校生が同じ空間で、自分の夢に向かって励んでいます。
地元の子どもたちから、灘中・灘高・オリンピック志望者まで在籍。
知的な興奮と歓びが漂う、集中して学べる環境です。

目次

【高校数学】青チャートの解答写しはどこまですればいい?

自分は高一です。

YouTubeの方に投稿されていた動画では青チャの例題の答えを写すと仰っていたと思うのですが、答えを写すのはどのくらいまでなのか。問題演習はしないのか。などの参考書などの具体的な方法論や数学の勉強法自体を体系的に教えていただきたいです。

解法の流れを頭に叩き込む

私は中2の頃に赤チャートと青チャートを使っていましたが、例題について解答の全てを写していました。

独学でしたので、まずは解答写しによって解法の流れを頭に叩き込んでいました。問題演習はこの後にみっちり行います。

当時は以下の流れで学習していました。

  1. 早起きして青チャートの例題写し
  2. 通学中に写した解答(解法の流れ)を復習
  3. 学校にいる間も少しずつ復習
  4. 帰宅後に類題演習
  5. 余力があれば、「大学への数学」などで演習

数学や勉強に限らず、何かを修得するには、まずは正しい方法を体得することが大事だと思います。

自分なりの方法を開拓するのはその後で構いません。

なお、上記は受験数学を意識した勉強方法です。純粋に数学を学ぶのであれば、数オリなどの教材や専門書で何時間も何日も考え続ける方が楽しいですし、力もつくと思います。

関連記事

以下の記事にお便りいただきました。

独学で灘、東大へ
【灘卒東大生が厳選】高校数学のおすすめ問題集を紹介|自宅学習、独学で難関大学受験 | 独学で灘、東大へ どの教材を解けばいいのか。 結構悩みますよね。 今回は、高校数学のおすすめ教材を紹介していきます。 ご相談 高校2年生です。次にどの数学教材を買えばいいですか? [ご...
他の方のブログ

他の方のブログは以下からご覧いただけます。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

学心のお知らせ|管理人が直接指導

小さな教室を作りました。

「点数」にできない力を、
子どもたちはたくさん持っています。

代表が全科目を指導。
一人ひとりの特性に合わせて「自立(自律)して学ぶ子ども」を育成します。

子どもたちが「学心」で学んで、
教室を出るときには、新しい世界が目の前に広がっているような、
そんな体験をして欲しいのです。

私と一緒に学びたい子どもたち、大募集です!

教室の風景

小学生〜高校生が同じ空間で、自分の夢に向かって励んでいます。
地元の子どもたちから、灘中・灘高・オリンピック志望者まで在籍。
知的な興奮と歓びが漂う、集中して学べる環境です。

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる