せっかく公立中学に転校したのに、灘高受験に失敗したら…?

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

YouTubeの視聴者様よりご質問いただきました。

こちらでもご回答差し上げます。

目次

灘高受験に失敗したらどうしますか?

仮に灘高受験に失敗した場合の進路についてお聞かせください。2学期途中の転校ということで内申点的に公立高校はきびしいと思いますし。

自宅学習を続けます

もし灘高受験に失敗したら、そのまま自宅学習を続けるつもりでした。

当時の私には、灘以外の学校に興味がなかったため、たとえ灘に落ちたとしても他の学校に行くつもりはありませんでした。これは親とも事前に話し合って決めたことであり、実際に高校受験では灘しか受けませんでした。願書も灘以外には出していません。

私は独学が好きでしたし、自分でやっていく自信があったのでこのような選択をしました。

ご参考になりましたら幸いです。

余談
関西では灘に落ちたら大阪星光学院を受けるパターンが多かったです。試験日程を見ると明らかに灘のおこぼれを狙っている印象を受けました。

高卒認定(大検)について

「高卒認定」は、2004年まで「大検」(大学入学資格検定)という名称で試験が行われていました。「高認」と「大検」は同じです。

試験に合格すると、中卒(高校中退) → 高卒認定合格 → 大学進学 というルートが可能になります。

余談 高専もおすすめです

高専とは

高等専門学校(高専)は、高等学校と同じく、中学校を卒業した方が入学することができます。入学後は5年一貫(商船学科は5年6ヶ月)で、一般科目と専門科目をバランスよく配置した教育課程により、技術者に必要な豊かな教養と体系的な専門知識を身につけることができます。

高等専門学校では、学んだことを応用する能力を身につけるために、理論だけではなく実験・実習に重点が置かれています。更に卒業研究を通して、創造性をもった技術者の育成を目指しています。

参考:https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kousen/tokushoku.htm

高専→東大(または東大院)は入りやすい

私の周りにも高専出身の人が何人かいます。いずれも院(修士課程)から東大に入ってきました。

学部3年次からも編入することが可能ですが、こちらは少し難しいようです。一方、他大や高専から院への編入は容易だと聞きます。院試は専門科目+英語(+場合により数学・化学などの基礎科目)が試験されるため、一般的な大学入試と比べると圧倒的に楽です。少し勉強すればあっさりと合格できるでしょう。

院から編入する場合、高専の標準的なスケジュールである5年に加えて、さらに2年の学業を積む人が多いです。私の友人の1人は学部編入で試験に失敗したため、高専生活をプラス2年して院から編入しました。

高専がおすすめな人

以下のような人は高専を挟んで大学編入で憧れの大学に入るという人生設計もおすすめです。

  • 受験勉強が嫌い
  • 高校生活を単調な勉強だけで終わらせたくない
  • 専門的な勉強に長期間取り組みたい

高専だからと言って就職が不利になると聞いたことはなないです。少なくとも私の周りの高専出身者は内部進学者と比べて進路に遜色ありません。


↓他の方のブログはこちら

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ



記事を投稿しませんか?

メインサイトは反響が大きく、毎日1,000人以上の方にご覧いただいております。

これまで自分の経験から得られたアドバイスを提供してきましたが、なにも管理人の私が一方的に私論を展開する場ではありません。

読者様も一緒にディスカッションする、体験談や知恵を共有する空間を作っていきたいのです。

そこで是非ともみなさまの文章をご投稿いただきたく、ご案内差し上げます。

投稿テーマについて

「これだけは伝えたい!」「自分の勉強経験をサイトに載せたい!」という方は大歓迎です。

・幼少期の教育方法
・子育てで奮闘した話
・塾選びのコツ・内部事情
・学生時代に用いた教材と勉強方法
・受験体験記(合格も不合格も)

将来の日本を支える世代のために是非ともご協力ください。

投稿方法について

以下のボタンより、詳細なご案内ページをご覧ください(メインサイトに移動します)。

 

 

最近読んで、面白かった本

もっと面白い本に出会ったら上書きしていきます。

父が読んでいた本とも被っているものが多いです。

内田樹

1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。

「やりたくないことはやらない」「無駄な決断はしない」「直感に従って生きればいいだけ」。武道家でもある著者が、これからの時代を生き切るための心構えを熱く語ります。

いじめが原因で小学校で登校拒否
受験勉強が嫌で日比谷高校中退
親の小言が聞きたくなくて家出
大検取って東大に入るも大学院3浪
8年間に32大学の教員試験に不合格
男として全否定された離婚
仕事より家事を優先して父子家庭12年

豪快すぎる半生から見えてくる、名言満載の内田樹流・痛快人生案内!

広中平祐

1931年、山口県生まれ。京都大学理学部卒業、ハーバード大学大学院数学科修了。コロンビア大学教授を経て1968年にハーバード大学教授。1967年に朝日賞受賞。1970年に日本学士院賞受賞、フィールズ賞受賞。1975年に文化勲章受章。京都大学名誉教授、ハーバード大学名誉教授。京都大学数理解析研究所元所長。山口大学元学長。

広中平祐氏の自伝的数学啓蒙書です。「学問とは何か」「学ぶとはどういうことか」「数学とは何か」など、数学や科学するときの最も大切な基本姿勢を教えてくれる1冊。広中平祐氏が特異点解消問題を解決して、1970年にフィールズ賞を受賞した経緯にも触れられていています。

↑これは全員に読んで欲しい本です。

矢作直樹

昭和56年金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。平成11年東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。平成13年東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一生。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる