限界に挑む

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

妙に格好良さげなタイトルをつけてみたが、何もそんなことはありません。

ただ、そのままタイトル通りです。

単なる自分語りなので、スルーしてもらって構いません。

目次

限界に挑むということ

自分の限界を突破することほど楽しみに溢れたものはないでしょう。

「限界を突破する=能力が高まる」ということですから。

新しい自分が生まれた。

このことに他なりません。

学力の限界に挑む

独学の限界と書いた方が正しいかもしれません。

自分ひとりの力で勉強するのが楽しくなってきて、ずっと独りで学んできました。

独りで学ぶといっても、完全に自分の力だけで取り組んだわけではありません。

数多くの書籍を参考にしました。

科学者の自伝を読んで、勉強法や思考法を真似しました。

とにかく真似するのです。

真似して、自分に合う方法だけを取り込む。

これに尽きます。

そうすれば、見違えるように成長します。

中学受験は塾と親のお世話になりましたが、高校受験と大学受験は完全に独学で突破しました。

自分の力で合格したからこそ重みがあるのです。

自分の力で取り組むからこそ楽しいのです。

体力と精神力の限界に挑む

さて、大学に入りました。

山岳部に入部して、毎週末欠かさず山に通うようになりました。

これは結構大変なことです。

当時のスケジュールは次の通りでした。

  • 月曜:前日使った山道具を整理する。山積みの洗濯物
  • 火曜:山行記録を書く。次の山を探す
  • 水曜:山道具を点検する。山行計画を完成させる
  • 木曜:食料を買い出しする
  • 金曜:出発。登山口で寝る
  • 土曜:山に登る。山の中で寝る
  • 日曜:下山する

行き先は、普通の登山ではありません。

雪山縦走、山スキー、藪漕ぎ、沢登り….。

エクストリームな登山のみしていました。

よくこれで4年間続いたな…。自分でも感心します。

結局学部時代の4年間で600座以上に登りました。

大学の中で最も多く山に登った自信があります。

体力と精神力の限界に挑む2

やはり、集団行動にはデメリットもあるわけです。

単独行動の魅力に再び囚われました。

集団だとどうしてもみんなに合わせる必要があります。

また、組織の中で動いているため、融通が効かない点も多いです。

例えば、部の山行では夜間行動は認められていません。

これは致命的です。

長距離であればあるほど、難所が多ければ多いほど、早立ち夜間行動すべきです。

でもこれができないとなると…。

個人で山に行った方が良い。

そこで、個人でも山に行きました。

ガンガン行きました。

私は登山以外に自転車もやっているので、自転車と登山をミックスさせたりもしました。

行動時間に制限を設けず、昼夜問わず行動し続けました。

これが最も「コスパ」の良い選択でした。

おかげさまで、体力だけでなく精神力まで身につきました。

トレーニングの限界に挑む

危なっかしいところにもよく行くので、身体を鍛える必要があります。

大学同期から懸垂を勧められました。

私はもともと痩せ型で、ガリガリひょろひょろの勉強小僧だったのですが、一念発起して身体を鍛えることにしました。

毎日、懸垂を続けたらそれなりにガッシリしてきました。

筋トレのおかげでポジティブ思考が高まったのは思わぬ副産物でした。

 

YouTubeに筋トレ動画も上げているので、よかったら見てね。

←もう少しで10万回再生行きます。

←コロナに負けず筋トレ!

見たら高評価押してね。

仕事の限界に挑む

もともと独立心が強いこともあって、他者に雇われるのは嫌いでした。

いや正確に言えば食わず嫌いしていました。

それが最近、考えが変わりました。

組織の中でバリバリ動くのもいいかな…と。

私の性格上、半年くらいなら続くでしょう。

ということで、仕事を詰め込むことにしました。

これは最近の話です。現在進行形。

ほぼ毎日、出勤することにしてみました。

あまりに積極的に働くものだから、本部が仕事をたくさん回してくるようになりました。

当然のように、持ちかけられた仕事は全部引き受けました。

毎回、勉強になるからこれでいいんです。

最後に

感想?

仕事は思ったより続きそうです。

自分が楽しいと感じているからでしょう。

ただ、研究との両立はやっぱり厳しいです。

忙しすぎて、体重が落ちました。

信じられないかもしれませんが、7kgも落ちました。

いま65kgです(176cm)。

筋肉もごっそり落ちました。

骨と皮だけのひょろひょろ人間に舞い戻り…。

 

仕事バリバリこなすのも楽しいですが、

やっぱり、アウトドア楽しんで筋トレしている頃の方が幸せですな。

 

2021年もあと2ヶ月なので、ガシガシ鍛えていきます。

物足りないので、もう一度。

心を入れ替えて、ガシガシ肉体鍛錬していきます!


↓他の方のブログはこちら

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ



記事を投稿しませんか?

メインサイトは反響が大きく、毎日1,000人以上の方にご覧いただいております。

これまで自分の経験から得られたアドバイスを提供してきましたが、なにも管理人の私が一方的に私論を展開する場ではありません。

読者様も一緒にディスカッションする、体験談や知恵を共有する空間を作っていきたいのです。

そこで是非ともみなさまの文章をご投稿いただきたく、ご案内差し上げます。

投稿テーマについて

「これだけは伝えたい!」「自分の勉強経験をサイトに載せたい!」という方は大歓迎です。

・幼少期の教育方法
・子育てで奮闘した話
・塾選びのコツ・内部事情
・学生時代に用いた教材と勉強方法
・受験体験記(合格も不合格も)

将来の日本を支える世代のために是非ともご協力ください。

投稿方法について

以下のボタンより、詳細なご案内ページをご覧ください(メインサイトに移動します)。

 

 

最近読んで、面白かった本

もっと面白い本に出会ったら上書きしていきます。

父が読んでいた本とも被っているものが多いです。

内田樹

1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。

「やりたくないことはやらない」「無駄な決断はしない」「直感に従って生きればいいだけ」。武道家でもある著者が、これからの時代を生き切るための心構えを熱く語ります。

いじめが原因で小学校で登校拒否
受験勉強が嫌で日比谷高校中退
親の小言が聞きたくなくて家出
大検取って東大に入るも大学院3浪
8年間に32大学の教員試験に不合格
男として全否定された離婚
仕事より家事を優先して父子家庭12年

豪快すぎる半生から見えてくる、名言満載の内田樹流・痛快人生案内!

広中平祐

1931年、山口県生まれ。京都大学理学部卒業、ハーバード大学大学院数学科修了。コロンビア大学教授を経て1968年にハーバード大学教授。1967年に朝日賞受賞。1970年に日本学士院賞受賞、フィールズ賞受賞。1975年に文化勲章受章。京都大学名誉教授、ハーバード大学名誉教授。京都大学数理解析研究所元所長。山口大学元学長。

広中平祐氏の自伝的数学啓蒙書です。「学問とは何か」「学ぶとはどういうことか」「数学とは何か」など、数学や科学するときの最も大切な基本姿勢を教えてくれる1冊。広中平祐氏が特異点解消問題を解決して、1970年にフィールズ賞を受賞した経緯にも触れられていています。

↑これは全員に読んで欲しい本です。

矢作直樹

昭和56年金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。平成11年東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。平成13年東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一生。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる