モズの高啼き七十五日

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。日頃感じたこと、考えたこと...など。役立つ情報は少ないですが、本音で書いています。

学心のお知らせ|管理人が直接指導

小さな教室を作りました。

「点数」にできない力を、
子どもたちはたくさん持っています。

代表が全科目を指導。
一人ひとりの特性に合わせて「自立(自律)して学ぶ子ども」を育成します。

子どもたちが「学心」で学んで、
教室を出るときには、新しい世界が目の前に広がっているような、
そんな体験をして欲しいのです。

私と一緒に学びたい子どもたち、大募集です!

教室の風景

小学生〜高校生が同じ空間で、自分の夢に向かって励んでいます。
地元の子どもたちから、灘中・灘高・オリンピック志望者まで在籍。
知的な興奮と歓びが漂う、集中して学べる環境です。

目次

モズの思い出

実家は大阪府ですが、どちらかと言うと田舎の方にあります。

決してガラがいい地域ではありませんが、散歩していると季節を感じられる点が素晴らしいです。

朝晩が涼しくなるとクマゼミはすっかり大人しくなり、ツクツクボウシが優勢となります。この季節にスパイスを効かせるのがモズです。

「キィー キィー キチキチキチ」という甲高い声とともに弾丸のように飛んできて、梢先に降りたかと思うと尻尾を上下に降って鋭い眼をギラつかせます。

モズの高啼き七十五日

モズの高鳴きを初めて聞いてから75日目に霜が降りだすとして、農作業の目安にしている地域もあるそうです。実際には高鳴きから30〜60日後に初霜となることが多いようです。

さて、話を広げていきましょう。

モズは私の生活にも少なからず好影響を与えてくれました。

秋は日が短くなり夜が長くなります。さらに生き物たちも草陰や石の下でじっと過ごすことが多くなります。遊び相手が少なくなった私も屋内で過ごす時間が増えます。私の家にはゲームやおもちゃがありませんでしたから、やることと言えば読書か勉強になります。

こうして机にじっと向かうようになるのですが、そこにモズの高鳴きが聞こえてくるのです。これはたまりません。勉強とモズの高鳴きが強く結びつくようになり、鳥の声が一種の起爆薬として機能するようになったのです。

さらに受験の時期はこの傾向が強まりました。

私にとって「モズの高啼き七十五日」とは、モズの初鳴きから75日後には模試で満足の行く結果を残す意味合いもあったようです。

余談 モズの初鳴きの時期

故郷(大阪)では夏から鳴き始めます。2021年も夏から声が聞こえており、高鳴きが頻繁に流れてくるのは9/10頃以降でした。

全国的には9月下旬とも言われているため、少し早めでしょうか。

他の方のブログ

他の方のブログは以下からご覧いただけます。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

学心のお知らせ|管理人が直接指導

小さな教室を作りました。

「点数」にできない力を、
子どもたちはたくさん持っています。

代表が全科目を指導。
一人ひとりの特性に合わせて「自立(自律)して学ぶ子ども」を育成します。

子どもたちが「学心」で学んで、
教室を出るときには、新しい世界が目の前に広がっているような、
そんな体験をして欲しいのです。

私と一緒に学びたい子どもたち、大募集です!

教室の風景

小学生〜高校生が同じ空間で、自分の夢に向かって励んでいます。
地元の子どもたちから、灘中・灘高・オリンピック志望者まで在籍。
知的な興奮と歓びが漂う、集中して学べる環境です。

コメントの送り方

  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。
  • サイト:空白で大丈夫です。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

コメント

コメントする

目次
閉じる